淡路

  • 印刷
バラエティー豊かな作品が並ぶ展示会場=県立淡路文化会館
拡大
バラエティー豊かな作品が並ぶ展示会場=県立淡路文化会館

 全日本写真連盟淡路支部の会員による写真展が28日、兵庫県淡路市多賀の県立淡路文化会館で始まった。島内外の風景や祭りのスナップ、動物の表情など22点が並ぶ。9月8日まで。

 同支部は1968年、島内の2人の写真家、故宗虎亮(むねとらすけ)さんと野水正朔(まさあき)さん(89)=南あわじ市=が創設した。現在は50~70代の男女24人が在籍。例会や撮影会で腕を磨き、毎年この時期に会員展を開く。

 今回は、会員20人と野水さんら指導者2人が出品した。会場には、北海道根室市の雪景色や淡路市生田の棚田の風景、洲本市の淡路島モンキーセンターで撮影した愛らしい子ザルの表情などを展示する。

 入谷雅治代表は「バラエティーに富んだ作風がそろった。メンバーの豊かな個性を感じ取ってほしい」と話す。

 午前9時~午後5時。入場無料。同館TEL0799・85・1391

(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ