淡路

  • 印刷
情緒たっぷりに語る今大会で優勝した三善秀夫さん(左)=南あわじ市北阿万地区公民館
拡大
情緒たっぷりに語る今大会で優勝した三善秀夫さん(左)=南あわじ市北阿万地区公民館
日頃の練習の成果を披露した南淡中学校の郷土芸能部=南あわじ市北阿万地区公民館
拡大
日頃の練習の成果を披露した南淡中学校の郷土芸能部=南あわじ市北阿万地区公民館

 浄瑠璃愛好家らが技芸を競う「淡路素義審査競演大会 素人浄るり全国大会」が13、14日、兵庫県南あわじ市北阿万筒井の市北阿万地区公民館であった。島内外の愛好家と、部活動で浄瑠璃に励む地元の中高生ら約20組が出場。同市の三善秀夫さん(62)が優勝した。(中村有沙)

 淡路人形協会が主催。伝統文化の継承と愛好家らの技術向上を目的に、1951年から続く。過去の実績と今大会の出来栄えで順位を決める。昨年は新型コロナウイルス感染拡大で中止したため、2年ぶりの開催。参加者らは、三味線の音に合わせ、登場人物の心情を声の高さや抑揚でたくみに表現した。

 三善さんは、恋人に裏切られた女性の心情を描く「義経千本桜 三段目すしやの段」を披露した。「喉をしぼって少しか細い声を出し、女性の悲しみを表現した。リラックスして、いつも通りにできた」と話していた。

 南淡中学校の郷土芸能部は、「絵本太功記 十段目尼ケ崎の段」を発表した。3年生で副部長の岡本海彩さん(15)は「お客さんを物語に引き込めるよう、一言目は高めに声を出すことを意識した。緊張したが、うまくできた」とほっとした様子だった。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ