淡路

  • 印刷
贈呈した懸崖菊に触れる西谷さん=洲本市塩屋1、県立淡路医療センター
拡大
贈呈した懸崖菊に触れる西谷さん=洲本市塩屋1、県立淡路医療センター

 崖に咲く様子をイメージしてキクの花を仕立てる「懸崖菊」が、兵庫県洲本市塩屋1の県立淡路医療センターに届いた。正面玄関に置き、職員らは「毎年楽しみにしている。今年もきれい」と声を上げた。

 趣味で栽培する農家の西谷政芳さん(78)=淡路市=が毎年贈っている。高さ約2メートル、横約1メートル。竹で編んだ甲羅型の土台に沿って黄色い花が咲く。円すい形に仕立てた赤色のキクも贈った。

 例年だとすでに満開の時期だが、今年は集中豪雨などの天候不順で開花が遅く、今月中旬から下旬にかけて見頃になるという。西谷さんは「通院する人やコロナ禍で頑張ってくれている医療従事者を癒やしたい」と話した。(中村有沙)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ