淡路

  • 印刷
淡路市が購入することが正式に決まった俠友会事務所=淡路市志筑
拡大
淡路市が購入することが正式に決まった俠友会事務所=淡路市志筑

 指定暴力団神戸山口組の本拠地だった俠友会事務所(兵庫県淡路市志筑)を淡路市が買い取ることが20日、市議会での議案可決で正式に決まった。今後、事務所内に残る家具などが撤去され、来年1月中に引き渡される見通し。焦点となる今後の利用について、市は「災害時の職員用寄宿舎」などを候補に挙げるが、解体を望む声もある。(内田世紀)

 「悪い思い出しかない。無くせるものなら無くしてほしい」と漏らすのは、志筑に住む高齢男性。「建物が残る限り、トラブルが起こることも考えられる」と解体を希望する。

 淡路署の大谷博明署長は、「暴力団員らによる嫌がらせや攻撃は考えにくい」との見方を示す一方で、「抗争が終わったわけではないので、気を緩めずに情報収集や警戒を続けていく」とする。

 こうした状況に対し、門康彦市長は「除却(解体)は費用の問題もあり現実的ではない」とし、「地元町内会から有効活用を望む声もある」と利用法を探る。

 市は当面、施設を南海トラフ巨大地震などの災害時に職員が宿舎として使えるようにしておく考えだ。担当者は「2階は大広間があるだけ。改修せずにそのまま宿舎として使える」と話す。

 今議会では、市議から「売却の可能性は」と質問が上がり、市長は「現段階で考えていない」と答弁した。「暴力団事務所だった施設で、第三者の手に渡れば再び危険な状況になる可能性がある」と危惧するからという。

 暴力団追放淡路市民の会の蓮池久志代表(75)は、「集会所など住民が活用できる施設にしてほしい。民間に売ったり貸したりするのはやめてほしい」と話す。市も長期的には「住民の利用」を目指しており、門市長は「時間がかかると思うが、イメージを変えていく」と話す。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(1月18日)

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 3℃
  • ---℃
  • 80%

  • 7℃
  • ---℃
  • 20%

  • 5℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ