淡路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 ふるさと納税制度の対象から兵庫県洲本市を除外すると総務省が発表して一夜明けた27日、洲本温泉の宿泊施設は利用者からの電話への対応に追われた。

 淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザの樫本文昭社長は、「温泉利用券は使えなくなるのか、との問い合わせが朝から20件以上あった」と困惑。利用券による予約のキャンセルも出ているとし、「使われていない利用券が8億~9億円分残っているとみられる。既に発行されたものは使えることをネットなどで告知していかなければ」と話した。

 ホテルニューアワジの木下紘一会長は、「市の申し出から始まった事業で温泉側は受け身だった。還元率が3割なのか5割なのか、騒がれるまで意識もしていなかった」と振り返る。洲本商工会議所会頭も務める立場で、「温泉以外の業種でさまざまな返礼品を扱う業者が心配。小規模経営ながら設備投資して頑張っている所もある。大きな影響が出なければいいが」と話した。

(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(7月3日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 31℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 50%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ