• 印刷

 兵庫県立光風病院(神戸市北区)の児童病棟で、30代の男性看護師が入院する子どもと性的な内容の会話をしていたことが1日、同病院への取材で分かった。病院は不適切として保護者に謝罪し、看護師を口頭注意して別病棟の担当に変えた。

 同病院は精神疾患のある患者が入院、通院する。病院によると、看護師は5月初めごろ、小学校高学年から中学生までの男女数人から性器などを話題に話し掛けられ、本来は相手をすべきでなかったのに会話を続けたという。

 同病院は「子どもに刺激を与えると症状が悪化することがある。再発防止に努める」としている。看護師は「コミュニケーションを深めたかったが軽率だった」と反省しているという。(森 信弘)

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ