• 印刷
女性患者の胸を触る行為と男性患者への暴行が発覚した加茂病院=加東市
拡大
女性患者の胸を触る行為と男性患者への暴行が発覚した加茂病院=加東市

 兵庫県加東市の精神科病院「加茂病院」で、入院している女性患者の胸を触るなどの行為を繰り返した男性准看護師(59)と、男性患者に馬乗りになって平手打ちをした男性看護師(54)が相次いで退職していたことが25日までに分かった。2人の行為について報告を受けた県加東健康福祉事務所は、病院に対して指導を行った。

 同病院によると、准看護師は勤続30年以上のベテラン。昨年12月中旬以降、廊下や病室で女性患者(82)らの上着の首元を引っ張って胸をのぞいたり、胸を触ったりする行為を繰り返し、「気持ちいいか」などと発言していたという。

 暴言を吐くなど興奮した患者を笑わせてなだめようとしたところ、怒声が減るなどの効果があったため、ほかの患者にも繰り返したといい、「冗談のつもりだった」と話しているという。院内の懲戒委員会で諭旨免職処分を受け、3月15日付で依願退職した。

 看護師は1月22日、食堂でほかの患者のジャムとマーガリンを盗んだ男性患者(70)から取り上げようとした際、床に押し倒して馬乗りになり、平手でほおをたたいた。逃げようとする患者のほおを再びたたき、もう一度床に押し倒してほおを3度たたいたという。近くにいた女性看護師がやめるように言ったが止められず、患者は軽傷を負った。

 看護師は勤続24年で病棟の主任を務めていた。病院の聞き取りに暴行を認め、3月15日付で退職した。

 同病院は1953年に開院。精神科と神経科があり、約360人が入院している。再発防止策として、院内研修や職員を対象にした不適切事案のアンケートなどを行う。細見誠院長(66)は「誠に申し訳ない。今後こういうことがないように職員一丸となって努める」と話した。

 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ