• 印刷
兵庫県警神戸北署=神戸市北区甲栄台3
拡大
兵庫県警神戸北署=神戸市北区甲栄台3

 神戸市北区の路上で2010年10月、高校2年の堤将太さん=当時(16)=が刺殺された事件で、殺人の疑いで逮捕された当時17歳のパート従業員の男(28)=愛知県豊山町=が逮捕前、親しい友人に「人を殺したことがある」という趣旨の話をしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。この情報が昨年、兵庫県警に伝わり、男に対する捜査が進展したとみられる。

 男の逮捕容疑は10年10月4日夜、神戸市北区筑紫が丘4の路上で、堤さんの頭や首などをナイフで刺し、殺害した疑い。捜査関係者によると、男は調べに対し、堤さんが女子生徒と一緒にいるのを見て立腹したという趣旨の説明をし、容疑を認めている。

 捜査関係者によると、県警神戸北署捜査本部は昨年、逮捕された男が友人に告げた内容など、刺殺事件への関与が疑われる情報を入手。また、堤さんの衣服から検出された成分のDNA型が、この男のものと一致したことも分かった。

 事件は約11年前に発生したが、男はその数カ月前に青森県内の高校を退学し、同区筑紫が丘の親族宅に移り住んだという。事件後にさらに転居し、今月4日の逮捕時は愛知県内の施設でパート従業員として働いていた。

 事件を巡っては、堤さんの家族や友人らが情報提供を求める活動を毎年続けていた。また警察庁も、有力情報の提供者に最高300万円を支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)制度の対象に指定していた。

 

天気(6月25日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ