防災防災ひょうご防災新聞

神社境内の水害碑から、当時の被害を学ぶ生徒たち=神戸市灘区新在家南町3

 1938年7月に発生した阪神大水害の被災状況を確認する中学生の現地調査が8日、神戸市灘区の都賀川流域であった。

西日本豪雨への支援活動を報告する参加者=神戸市中央区東川崎町1

 兵庫県内外の災害支援団体や行政組織でつくる「災害救援ボランティア活動支援関係団体連絡会議」(

災害の教訓を今後に生かす取り組みを議論する防災関係者ら=神戸市中央区下山手通4(撮影・太中麻美)

 ひょうご震災記念21世紀研究機構の研究成果報告会(神戸新聞社など共催)が30日、神戸・元町の県公館であった。

防災の最新
もっと見る

天気(8月18日)

  • 31℃
  • 22℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 0%

  • 32℃
  • 21℃
  • 0%

  • 34℃
  • 20℃
  • 0%

お知らせ