防災防災ひょうご防災新聞

  • 印刷
動画一覧へ
イベントなどで配布する「走れタカダイ~津波避難の歌~」の歌詞カード
拡大
イベントなどで配布する「走れタカダイ~津波避難の歌~」の歌詞カード
「走れタカダイ~津波避難の歌~」を披露する「あまゆーず」の2人=3日、南あわじ市福良(撮影・長江優咲)
拡大
「走れタカダイ~津波避難の歌~」を披露する「あまゆーず」の2人=3日、南あわじ市福良(撮影・長江優咲)

 「目指せ タカダイ♪」-。近い将来に発生が予想される南海トラフ巨大地震を想定し、兵庫県が「走れタカダイ~津波避難の歌~」を作った。軽快な親しみやすい曲で、住民の避難意識を高めるのが狙い。防災イベントで披露するほか、沿岸部の津波浸水想定区域にある小中学校にCDを配布し、校内で放送してもらうという。(斉藤正志)

 「君と僕の 大事な命 守ろう守ろう 津波から 命を守る 安全な場所」「家族 友達 大事な命 逃げよう逃げよう 冷静に」

 11月13日に県内15市町で催す同地震の住民参加型一斉避難訓練をPRするため、県災害対策課が発案し、職員4人が作詞。「目指せタカダイ 走れタカダイ」の言葉を繰り返し、地震後すぐに逃げることの大切さを印象付けるように工夫した。

 作曲は、2006年兵庫国体のキャンペーン曲「はばタンカーニバル」の作詞作曲を手掛けた山本茂之・明石清水高校長に依頼。耳に残りやすい明るいイメージに仕上がった。

 歌は尼崎市出身の女性デュオ「あまゆーず」が担当。9月3日には、南あわじ市福良地区で開かれた防災訓練の関連行事で初披露され、参加者が歌詞カードを手に聞き入った。

 南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に70%程度の確率で起きるとされる。県は地震・津波被害で、最悪のケースで2万9100人の犠牲者が出ると想定。全員がすぐに避難を始めるなどすれば、400人まで減らせるとしている。

 歌は県のホームページで聴くことができる。同課は「一人でも多くの人がすぐに避難して、命を守ることにつながれば」としている。

防災の最新

天気(8月21日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 36℃
  • 23℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 10%

お知らせ