防災防災ひょうご防災新聞

  • 印刷

 北朝鮮情勢が緊迫化していることを受け、兵庫県は弾道ミサイル攻撃を受けた際の避難方法などをホームページに掲載し、短文投稿サイト「ツイッター」で発信した。着弾の恐れがある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて、防災行政無線や携帯電話への緊急速報メールで知らせることを紹介。屋内退避などを呼び掛けている。

 注意が必要な地域には、ミサイル発射▽屋内避難の呼び掛け▽落下場所-の順に情報が届くことを説明。屋外にいる場合は頑丈な建物か地下街に逃げ、適当な建物がない時は地面に伏せることや、屋内にいても窓から離れることを促した。

 対応方法を解説した内閣官房の「国民保護ポータルサイト」へのリンクも載せた。

 内閣官房などが、21日に都道府県の危機管理担当者を集めて開いた説明会を受けた措置。(斉藤正志)

防災の最新
もっと見る

天気(5月27日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ