防災防災ひょうご防災新聞

  • 印刷
事前の備えの重要性を強調する河田恵昭さん=兵庫県議会
拡大
事前の備えの重要性を強調する河田恵昭さん=兵庫県議会

 人と防災未来センター(神戸市中央区)のセンター長、河田恵昭さんの講演会が20日、兵庫県議会であった。都市災害研究の第一人者として知られる河田さんは大阪府北部地震について「大きな社会的混乱はなかったが、地震は不意打ちで来る。災害が起こることを前提に、前もって備えておくことが重要だ」と強調した。

 自民党県議団が研修会として企画。河田さんは、倒れたブロック塀の下敷きになり小学4年の女児が亡くなったことについて「学校の先生がまず危険性に気付かないといけない。複雑化する社会の中では、みんなが身の回りにあるリスクを意識しないと対応できない」と指摘した。

 また、府内のスーパーやコンビニエンスストアでは飲料水や食料が品薄になっていることに対し「1、2日間は家にあるものを食べてほしいと呼び掛けるなど、自助に任せる部分をあらかじめ行政が市民に示しておくべきだ」などと述べた。

 広範囲に広がった断水は「全国的に水道事業は赤字経営が続いており、ほかのインフラに比べて管の耐震化工事が大幅に遅れている」と解説。その上で、近い将来に発生が予想されている南海トラフ巨大地震に向け、家庭や地域、自治体などあらゆる共同体が、あらかじめ段階に応じた行動を定めておくなどし、減災や復興を早める「縮災」の視点の重要性を訴えた。(前川茂之)

防災の最新
もっと見る

天気(7月20日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 38℃
  • 24℃
  • 10%

  • 37℃
  • 28℃
  • 20%

  • 38℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ