防災防災ひょうご防災新聞

  • 印刷
災害対策などについて語る福井照沖縄北方担当相=30日午後、神戸市中央区(撮影・中西大二)
拡大
災害対策などについて語る福井照沖縄北方担当相=30日午後、神戸市中央区(撮影・中西大二)

 福井照沖縄北方担当相が30日、神戸市内で講演し、南海トラフ巨大地震などの対策を念頭に「強くてしなやかな美しい国に向けて国土強靱化が必要だ」と持論を述べた。

 福井氏は南海トラフ地震対策で公共事業に投資すれば経済被害が軽減できるとの試算を示し「神戸(の阪神・淡路大震災)では災害復旧が中心だった。国難をもたらす自然災害から社会を守るため、対策を事前に講じておく考え方がようやくできるようになった」と強調した。

 その上で「2020年の(東京)パラリンピック中に首都直下地震が起きても、誰もけがをさせないことを目指す。東京を世界一のユニバーサル都市にしたい」と語った。(井関 徹)

防災の最新
もっと見る

天気(7月21日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ