防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は20日、住民の円滑な避難行動を支援するスマートフォン向けアプリ「ひょうご防災ネットアプリ」の運用を21日午前9時から始めると発表した。利用者が事前登録した情報に応じて避難を促す仕組みや、最寄りの避難場所の地図表示などが主な機能で、2019年度中で2万ダウンロードを目指す。

 17年4月から始まった「ひょうご防災ネット」は登録者に文字のみの情報を送っていたが、アプリでは画像や動画、衛星利用測位システム(GPS)を活用した地図も表示できる。在住外国人への発信を想定し、12言語での翻訳表示や音声読み上げ機能も備えた。

 アラームのように、利用者が避難行動に移るタイミング「逃げ時」を知らせる機能もある。

 勤務先や自宅を登録すると近隣のハザードマップを表示し、周囲の土砂災害や洪水、津波のリスクが分かる。逃げ始めの目安とする防災・気象情報を選べ、避難場所は最大5カ所まで登録できる。

 県の担当者は「身の回りの危険に対し、いつ、どこに避難するかを自ら考える機会にしてほしい」と話す。アプリは無料。県災害対策課TEL078・362・9811

(竹本拓也)

防災の最新
もっと見る

天気(9月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ