防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷

 来年1月17日で阪神・淡路大震災から25年となるのを前に、兵庫県などでつくる「ひょうご安全の日推進県民会議」は、阪神・淡路を経験していない世代の視点で震災を見つめ直す「チーム・リメンバー117」のメンバーを募集している。7月下旬に開設した特設サイト(https://remember117.jp)で、若者らが考える今後の防災などについて意見を交わす。

 対象となるのは県内在住か通学・通勤している18~25歳。8月21日から9月上旬まで週2回、ワークショップを開き、特設サイトに掲載する内容を検討し、その後、数チームに分かれて取材編集・広報を担う。

 特設サイトでの情報発信のほか、会員制交流サイト(SNS)なども活用しながら、震災の教訓や経験継承の“拡散”を目指す。

 募集人数は20人程度で、任期は来年3月まで。特設サイトの入力フォームから申し込む。14日まで。問い合わせは同県民会議事務局(県復興支援課内)TEL078・362・4902

(前川茂之)

防災の最新
もっと見る

天気(12月10日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ