防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
災害時に活用するドローンを操縦する生徒ら=神戸市東灘区深江浜町、東灘高校
拡大
災害時に活用するドローンを操縦する生徒ら=神戸市東灘区深江浜町、東灘高校
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市東灘区の人工島「深江浜町」にある東灘高校が、災害時に周辺の状況をいち早く把握するため、小型無人機「ドローン」の活用を始めた。津波や高潮の際に標高の高い場所へ逃れる経路は深江大橋しかなく、安全な避難方法を探るには、島全体の状況を把握する必要があった。ドローンで撮った動画は同校関係者に加え、住民や企業もツイッターで閲覧できる。避難経路が限られた人工島での災害対策として注目を浴びそうだ。(村上晃宏)

■災害時、高台への避難路は橋だけ

 深江浜町は1969年に埋め立てられた約120ヘクタールの人工島。神戸市によると、2019年8月31日現在、416世帯639人が住む。16年の調査によると、神戸市中央卸売市場東部市場など342事業所があり、8612人が働く。

 兵庫県が作成した「想定し得る最大規模の高潮」の浸水想定区域図によると、同町全域で1メートル以上浸水し、島外も国道2号近くまで浸水。南海トラフ地震では3~4メートルの津波が約2時間で東灘区に到達し、同町全域で0・3~2メートル未満の浸水が発生するという。

 住民や企業でつくる「深江を善くする会」は以前から、安全な避難方法を議論してきた。災害時の生命線、深江大橋までの安全な経路や、橋周辺の混雑状況の把握が課題だった。

 そこで、防災教育に力を入れる東灘高校が5月にドローンの活用を提案。近くに本社がある東洋ナッツ食品が機体を約26万円で購入し、同校に寄贈した。

 津波や高潮が起きた際は、国土交通省に電話して災害時の飛行許可を得る。生徒が運動場や体育館に避難している間にドローンを飛ばして撮影し、浸水・冠水場所や深江大橋の状況を把握。映像はツイッターを通じて地元の住民や企業と共有し、安全な避難方法を考える一助にする。

 ドローンは上空約200メートルまで飛行でき、衛星利用測位システム(GPS)機能で指定した場所へ飛ばせる。約100メートルの高さまで飛ばせば、島全体の状況は把握できるという。

 ドローン導入の決定後、同校教員が操作の講習を受け、生徒も教員から指導を受けた。現在操縦できる生徒は生徒会メンバーのみだが、今後は体育館で練習し、他の生徒たちも「パイロット」として養成する。

 生徒会メンバーの1年生男子生徒(15)=神戸市灘区=は「深江浜地区の住民や企業と連携し、母校のある地元を守っていきたい」と力を込めた。

防災の最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 20%

  • 11℃
  • 1℃
  • 30%

  • 11℃
  • 4℃
  • 20%

  • 10℃
  • 2℃
  • 20%

お知らせ