防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
水害の被害状況写真の具体例(震災がつなぐ全国ネットワーク提供)
拡大
水害の被害状況写真の具体例(震災がつなぐ全国ネットワーク提供)
浸水被害からの生活再建は「落ち着いて、できるところから」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
拡大
浸水被害からの生活再建は「落ち着いて、できるところから」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
汚れた現金や通帳はどうする?(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
拡大
汚れた現金や通帳はどうする?(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
「床下に水・泥が入り込んでいるか確認する」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
拡大
「床下に水・泥が入り込んでいるか確認する」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
掃除をするときの服装は「基本は肌の露出を避けること」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)
拡大
掃除をするときの服装は「基本は肌の露出を避けること」(震災がつなぐ全国ネットワーク「水害にあったときに」より)

 東日本各地に記録的な大雨を降らせ、甚大な水害が生じた台風19号。台風や豪雨のような気象災害は今後も考えられ、被災というリスクは避けて通れない。不幸にも自宅が水害に遭った時、何から手をつければいいのか。愛知県の任意団体「震災がつなぐ全国ネットワーク」が作った資料は、ポイントがまとめられ、知っておくべき情報ばかり。内容を紹介する。(ネクスト編集部 金井かおる) 

 同ネットワークは、1995年の阪神・淡路大震災以降、全国の被災地で支援活動を行ってきた約30のNPOやボランティア団体からなるグループ。突然の水害被害から生活再建するための手引き「水害にあったときに」は、手順がコンパクトにまとめられており、台風19号で被災した地域からも問い合わせが寄せられている。

■用途に応じ2種類

 「水害にあったときに」は、水害被害にあったときの一般的な手順が紹介されたチラシ版(A4サイズ4ページ)と、より詳しい写真やイラストでまとめられた冊子版(A5サイズ32ページ)の2種類がある。

 チラシ版に紹介される手順は次のとおり。

(1)被害状況を写真に撮る

(2)施行会社・大家・保険会社に連絡

(3)罹災証明書の発行を受ける

(4)ぬれてしまった家具や家電をかたづける

(5)床下の掃除・泥の除去・乾燥

(6)掃除をするときの服装

(7)復旧のまえに確認すること

 例えば、「被害状況を写真に撮る」ことで、市町村から罹災証明書を取得するときに役立つという。撮り方のポイントとしては、

・被害の様子がわかる写真を撮る

・家屋の外を色々な角度から、浸水した深さがわかるように撮る

・室内の被害状況もわかるように撮る

・自動車、物置、納屋、農機具など屋外のもの、システムキッチンや洗面台など屋内の住宅設備、ぬれてしまった家電などの写真も撮る

とある。

 床下の乾燥について、「消毒用エタノール(80%溶液)をスプレーし、ぞうきんでふき取る」「壁も水を吸っているので、中を確認」「しっかり乾燥させるには最低1ケ月」など具体的な点も記述されている。

   ◇

 同ネットワークによると、最新情報を随時更新している。冊子版のダウンロードも以下のページで可能。平時からダウンロードした画像をスマホなどに保存しておくと、災害などでインターネット回線がつながらないときも取り出せて安心だ。

□「水害にあったときに」チラシ版・冊子版のダウンロード

http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420

防災の最新

天気(7月10日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 30℃
  • 23℃
  • 70%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

お知らせ