防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
動画一覧へ
年上の園児が年下の子の手を引き、幼稚園から約1キロ離れた公園を目指した訓練=5日午前、神戸市長田区大橋町4(撮影・吉田敦史)
拡大
年上の園児が年下の子の手を引き、幼稚園から約1キロ離れた公園を目指した訓練=5日午前、神戸市長田区大橋町4(撮影・吉田敦史)
年上の園児が年下の子の手を引き、幼稚園から約1キロ離れた公園を目指した訓練=5日午前、神戸市長田区大橋町4(撮影・吉田敦史)
拡大
年上の園児が年下の子の手を引き、幼稚園から約1キロ離れた公園を目指した訓練=5日午前、神戸市長田区大橋町4(撮影・吉田敦史)
スピーカーから避難の呼び掛けを放送するドローン=5日午前、神戸市中央区東川崎町1(撮影・後藤亮平)
拡大
スピーカーから避難の呼び掛けを放送するドローン=5日午前、神戸市中央区東川崎町1(撮影・後藤亮平)

 30年以内の発生確率が70~80%と見込まれる南海トラフ巨大地震を想定し、兵庫県と瀬戸内海沿岸、淡路島の県内15市町は5日午前、住民参加の津波一斉避難訓練を行った。神戸市と南あわじ市でスピーカー搭載のドローンを飛ばし、避難の呼び掛けを放送。学校園や社会福祉施設、企業など約260施設の計約7万8千人が高台などへ避難し、命を守る行動を確認した。

 訓練は4回目。マグニチュード9で最大震度7の地震が発生し、高さ最大8・1メートルの津波襲来を想定した。

 午前10時、緊急地震速報が発表。2分後、浸水想定区域15市町の約400万人に大津波警報発令を告げる緊急速報メールが配信された。

 神戸市中央区の神戸ハーバーランドでは、同市と協定を結ぶドローン事業者がドローン1機を約5メートルの高さに飛ばし、「海岸付近の方は高台に避難してください」と放送。現場を動画撮影し、市役所オペレーションセンターに同時中継した。

 地震発生から88分後に津波到達が予想される同市長田区では、認定こども園「近田幼稚園」(同区駒栄町4)の園児ら約400人が参加。約1・1キロ北西の水笠通公園まで歩いて避難した。男児(6)は「車に気をつけて手をつないで上手に逃げられた」と話した。

 77分後に津波が到達する南あわじ市松帆地区。松帆小の児童と近くのこども園の園児ら計約330人は、防災頭巾をかぶって約1・8キロ先の避難場所を目指した。スピーカー搭載のドローンも試験的に活用した。

 最大1メートルの浸水が見込まれる西宮市甲子園九番町の介護施設「ローズガーデン甲子園」では約20人が訓練に臨み、入居者は職員の誘導で屋上へ避難した。(金 旻革、竹本拓也、高田康夫、山本 晃)

防災の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 40%

  • 12℃
  • 0℃
  • 40%

  • 12℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ