文化

  • 印刷
「サンライズ」発祥の金生堂。今は「サンライス」の名前で販売する。隣には「メロンパン」も=神戸市兵庫区東山町2(撮影・風斗雅博)
拡大
「サンライズ」発祥の金生堂。今は「サンライス」の名前で販売する。隣には「メロンパン」も=神戸市兵庫区東山町2(撮影・風斗雅博)

 円いパン生地の上に、甘いビスケット生地を載せたパン。全国的には呼び名はメロンパンなのだが、神戸では、なぜか「サンライズ」と呼ばれている。さらに、その発祥店の流れをくむ神戸の老舗では、同じパンが「ズ」に濁点のない「サンライス」という名前で並んでいるというから、ややこしい。いったい、どういうことだろう?(鈴木雅之)

 サンライズのルーツが分かると聞き、神戸市兵庫区の東山市場にあるパン店「金生堂」を訪ねた。1924(大正13)年の創業で、棚には、いろんな種類のパンがずらり。「サンライス」もその上段に堂々と並ぶ。

 「もともとはちゃんと『サンライズ』やったんやけどね」。2代目店主の清水寛育(ひろやす)さん(69)が笑いながら説明する。

 金生堂は清水さんの父が開業。大阪や名古屋などにも店舗を設け、広島県呉市の店は伯父が切り盛りした。清水さんによると、サンライズの生みの親はこの伯父という。

 伯父は戦前、ビスケット生地を使ったパンを考案。当時の呉といえば、軍艦の製造が盛んだった。そこで、軍艦に掲げる「旭日旗」を参考に生地表面をデザイン。朝日の光が放射状に伸びる様子を表しており、名前も日の出の英訳でサンライズに。それを東山市場の店でも売り始めた。

   ■  ■

 ではなぜ、サンライズの「ズ」が「ス」になったのか。

 「戦前にはもう変わっていたらしい。お客さんが『サンライス』って言うたとか。サンライズは発音しにくかったんやろな。皆がそない言うから『サンライス』になったんや」

 かつては他のパン店も、金生堂にサンライズの作り方を習いに来たという。兵庫県パン協同組合によると、サンライズは神戸を中心に関西に広まったという。

   ■  ■

 その後、生地表面に格子模様を施したパンが普及し、その見た目から名前をメロンパンに変える店が増加。金生堂でもサンライスの名前は残ったものの、日の出模様のパンの金型が入手しにくくなり、格子模様に変えた。

 一方、神戸などでは、アーモンドの形で中に白あんが入ったパンを「メロンパン」と呼ぶことが多い。現在のコープこうべのパン職人が52(昭和27)年に考案し、名前が定着。かつてメロンは変種の「マクワウリ」を指し、その形に似せたとか。金生堂でもこちらがメロンパンの名前で販売されている。

 ところで金生堂って、どう読むんですか、清水さん。

 「ほんまは『きんしょう』堂やねん。でも、みんなが『きんせい』って言うから、そっちに合わせてん」

文化の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ