文化

  • 印刷
動画一覧へ
映画「コウノトリ大作戦!」の主人公「ジュニア」(右から2番目)と豊岡市などをPRする中貝宗治同市長(右)ら=豊岡市本庁舎
拡大
映画「コウノトリ大作戦!」の主人公「ジュニア」(右から2番目)と豊岡市などをPRする中貝宗治同市長(右)ら=豊岡市本庁舎

 米国の「ワーナー・ブラザース映画」が、アニメ映画「コウノトリ大作戦!」を上映するのに合わせて18日、兵庫県豊岡市などは同社と提携し、作品の映像や画像を使った動画やポスターによる「コウノトリが暮らすまち」のPRを始める。

 PR動画は約30秒で、豊岡で子育てする家族のシーンでスタート。豊岡で餌をついばむコウノトリの姿を織り交ぜ、「コウノトリに会いに来て」と同市への訪問を呼び掛ける。

 18日からインターネットの動画サイト「ユーチューブ」で公開。JAL国内便の計約8400便やJR西日本が管理する近畿圏の計約550両では映像広告として一定期間上映する。11月3日から東京や神奈川の映画館6館でCMとして流す。

 ポスターでは「兵庫 豊岡も、ずっと前からコウノトリ大作戦!」と映画を応援する一方、豊岡のブランド米や環境教育などをPR。特設サイト(「コウノトリ 兵庫」で検索)を設け、同市へのツアーなどが当たるキャンペーンも展開する。

 映画は11月3日から全国ロードショー。宅配便会社に勤める欧州コウノトリの主人公が、禁止されている赤ちゃんを届けるため奮闘する物語。

 事業は県、但馬空港推進協議会と共同で取り組み、8月、同社にタイアップを打診した。総事業費は約1500万円。豊岡市大交流課TEL0796・21・9096

(秋山亮太)

文化の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 20%

  • 19℃
  • 9℃
  • 30%

  • 20℃
  • 13℃
  • 30%

  • 20℃
  • 12℃
  • 40%

お知らせ