文化

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
安藤忠雄さん(閑野欣次さん撮影、安藤忠雄建築研究所提供)
拡大
安藤忠雄さん(閑野欣次さん撮影、安藤忠雄建築研究所提供)
兵庫県に寄付される予定の「プンタ・デラ・ドガーナ」の模型(安藤忠雄建築研究所提供)
拡大
兵庫県に寄付される予定の「プンタ・デラ・ドガーナ」の模型(安藤忠雄建築研究所提供)
安藤忠雄さんの作品を集めた展示室の完成予想図(安藤忠雄建築研究所提供)
拡大
安藤忠雄さんの作品を集めた展示室の完成予想図(安藤忠雄建築研究所提供)

 世界的な建築家安藤忠雄さん(75)が手掛けた建築物の模型作品などを集めた「安藤作品展示室(仮称)」が来年秋、兵庫県立美術館(神戸市中央区)にオープンする。安藤さんが自ら設計を手掛け、延べ床面積735平方メートルの建物を同館敷地に増築。「光の教会」(大阪府茨木市)や「淡路夢舞台」(淡路市)など、代表作の模型やスケッチ27点を展示する。

 県立美術館は安藤さんが設計し、阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして、2002年に開館した。オープンから約15年が経過し、新たな集客の目玉として同展示室のアイデアが浮上した。

 増築費用はすべて安藤さん側が負担する。鉄骨鉄筋コンクリート造り3層の建物で、展示棟とギャラリー棟の間にあるスペースに造る。

 同館では、既に安藤さんの建築作品模型など16点を展示しているが、新たに現代美術館「プンタ・デラ・ドガーナ」(イタリア)、「表参道ヒルズ」(東京都渋谷区)などの模型11点が加わる。展示室の建物や模型、スケッチはすべて県に寄付される。

 安藤さんは「少しでも兵庫に貢献したい思いがあった。人が集まり、『ここに来て良かった』と思える場所にしたい」と話している。

 県立美術館を所管する県教育委員会は「安藤さんの代表作が一堂に見られる。全国からファンが集まるのでは」と期待する。(上田勇紀)

文化の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 13℃
  • 4℃
  • 10%

  • 11℃
  • 2℃
  • 10%

  • 14℃
  • 4℃
  • 10%

  • 13℃
  • 3℃
  • 10%

お知らせ