文化

  • 印刷
エントランスロビーのかわいらしい子ども服と制服=神戸ファッション美術館
エントランスロビーのかわいらしい子ども服と制服=神戸ファッション美術館

 神戸開港150年目を記念した展示企画「ファッション都市神戸-輝かしき国際港と地場産業の変遷」(神戸新聞社など主催)が、神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2)で開催されている。神戸港が国際貿易港として発展する過程で根付いた産業や文化、ファッションなどを多角的に紹介している。(ライター・加藤紀子)

 神戸港は古くより海を通じて大陸の国とつながってきた。日米修好通商条約により、1868年に神戸港が開港。外国人居留地が港周辺に造られるなど、現代の神戸の雰囲気につながる独特な文化が育まれた。神戸市は1973年に「ファッション都市宣言」。全国的にもエキゾチックでおしゃれな街の印象が広がった。

文化の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 10%

  • 28℃
  • 17℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 0%

  • 32℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ