文化

  • 印刷
花のある風景を描いた作品が並ぶ会場と、案内する笹倉正裕館長夫妻=笹倉鉄平ちいさな絵画館
花のある風景を描いた作品が並ぶ会場と、案内する笹倉正裕館長夫妻=笹倉鉄平ちいさな絵画館

 閑静な住宅街にある笹倉鉄平ちいさな絵画館(兵庫県西宮市能登町)で、開館10周年記念展「花いっぱい、花色々」が開かれている。「光の情景画家」と称される笹倉さんの作品の中から、花を描いた作品ばかりを紹介。会場には世界各地の色とりどりの花があふれるようで、春らしい温かい雰囲気に包まれている。(ライター・加藤紀子)

 笹倉さんは1954年、丹波市出身。武蔵野美術大学を卒業後、グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。長年、お菓子のパッケージデザインなどを手掛けた。新聞連載などを経て、90年に画家に転身。若いころから好きで、よく訪れたヨーロッパの風景を多く描き、イタリアやフランスなど海外でも個展を開催している。

文化の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 10%

  • 27℃
  • 18℃
  • 10%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ