文化

  • 印刷
動画一覧へ
抱き合って合格を喜ぶ受験生ら=宝塚市武庫川町(撮影・三津山朋彦)
拡大
抱き合って合格を喜ぶ受験生ら=宝塚市武庫川町(撮影・三津山朋彦)

 未来のタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で30日、第105期生の合格発表があった。兵庫県出身者6人を含む40人が難関を突破し、憧れの舞台へ第一歩を踏み出した。

 入学試験は1042人が受験し、倍率は26・1倍。午前10時、校舎の壁に合格者の受験番号が掲示されると、番号を見つけた受験生は歓声を上げ、家族や友人らと涙を流して抱き合った。

 3度目の挑戦で合格した小川可那美(かなみ)さん(18)=名古屋市=は「頑張ってきて、やっとの思いで合格して、とてもうれしい。感謝の気持ちを忘れず、芯のある娘役になりたい」と夢を膨らませた。

 入学式は4月18日。合格者は2年後のデビューを目指し、ダンスや歌唱など厳しいレッスンに励む。(土井秀人)

文化の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ