文化

  • 印刷
対局を翌日に控えて談笑する里見香奈女流王位(左)と伊藤沙恵女流二段=25日午後、姫路市総社本町、播磨国総社(撮影・山崎 竜)
拡大
対局を翌日に控えて談笑する里見香奈女流王位(左)と伊藤沙恵女流二段=25日午後、姫路市総社本町、播磨国総社(撮影・山崎 竜)

 将棋の里見香奈女流王位(25)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=に伊藤沙恵女流二段(23)が挑戦する第28期女流王位戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第1局が26日午前9時から、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で指される。

 里見は昨年、女流王座を奪還し、2013年以来となる女流5冠に返り咲いた。女流王位戦では過去2年続けて3-0でストレート勝ちしており、防衛すれば3期連続、通算4期目となる。一方の伊藤は奨励会を経て、女流棋士としてデビュー。昨年末から7連勝と好調を維持しており、2度目のタイトル戦となるこの5番勝負で初タイトルを狙う。過去、両者の対戦成績は1勝1敗。

 25日午後、両者が対局室入りし、盤駒などを確認した。里見は「自分の力を出せる将棋を指していきたい」、伊藤も「まず1勝を目指し、目の前の一局に集中したい」と抱負を語った。

 立会人は若松政和七段。持ち時間は各4時間で、26日夜までに決着する見込み。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継する。

 また26日午後4時から、大盤解説会が播磨国総社である。解説は神吉宏充七段、聞き手は室田伊緒女流二段。無料、申し込み不要。(溝田幸弘)

文化の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 10%

  • 34℃
  • 15℃
  • 10%

  • 32℃
  • 20℃
  • 0%

  • 33℃
  • 19℃
  • 0%

お知らせ