文化

  • 印刷
女流王位戦第1局に勝ち、対局を振り返る里見香奈女流王位=26日夕、姫路市総社本町、播磨国総社(撮影・山崎 竜)
拡大
女流王位戦第1局に勝ち、対局を振り返る里見香奈女流王位=26日夕、姫路市総社本町、播磨国総社(撮影・山崎 竜)

 将棋の里見香奈女流王位(25)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=に伊藤沙恵女流二段(23)が挑戦する第28期女流王位戦5番勝負第1局は26日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で指され、午後5時5分、先手番の里見が97手で勝ち、タイトル防衛に向けて好スタートを切った。

 持ち時間各4時間のうち、残りは里見1時間24分、伊藤16分。第2局は5月12日、北海道小樽市の「小樽朝里クラッセホテル」で行われる。

 シリーズ開幕戦は、里見の三間飛車に対し、伊藤は居飛車で銀冠に構える対抗形となった。里見は中央に築いた厚みを生かし、6六飛(45手目)から6筋を破る。伊藤は1六歩(56手目)からの端攻めで敵陣に迫ったが、里見は2八玉(65手目)と早逃げし、相手の攻めを遅らせた。

 伊藤は8二飛(66手目)、6二飛(70手目)と飛車をぶつけて勝負に出る。対して、里見は2一金(71手目)からうまく応じて手厚い攻めにつなげた。伊藤も2八銀打(88手目)と先手玉に詰め寄るが、里見に2一竜(91手目)から寄せ切られた。

 立会人の若松政和七段は「熱戦だった。里見さんは終始好調な攻めで、最後まで押し切った。伊藤さんは端攻めを仕掛けるところで少し攻め急ぎがあったかもしれない」と話した。(溝田幸弘)

文化の最新
もっと見る

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ