文化

  • 印刷
多彩な作品が並ぶ日本画展=県民アートギャラリー
拡大
多彩な作品が並ぶ日本画展=県民アートギャラリー

 「第64回兵庫県日本画家連盟会員展・公募展」(神戸新聞社など主催)が10日、神戸市中央区下山手通4の県民アートギャラリーで始まった。会員作品67点と公募作品23点が展示されている。14日まで。

 県内の日本画の創作活動を盛り上げ、若手作家を育てようと毎年開かれている。桜やウグイスを題材にした伝統的な日本画が並ぶ一方、黄色やオレンジ色で女性や動物の姿を描いたり、白と黒だけで波打つ水面を写実的に表現したりと、斬新な発想も目を引く。

 同連盟事務局長の福羽弘子さん(70)は「日本画制作はわずかな失敗も許されず、根気が必要。完成まで1年をかける出品者もいる。心にすっと入ってくるような、お気に入りの絵を見つけてほしい」と話す。

 入場無料。午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。同ギャラリーTEL078・321・2131

(赤松沙和)

文化の最新
もっと見る

天気(7月27日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ