文化

  • 印刷
加古川青流戦の開幕戦に臨む藤井聡太四段(左)=18日午前、関西将棋会館(撮影・風斗雅博)
拡大
加古川青流戦の開幕戦に臨む藤井聡太四段(左)=18日午前、関西将棋会館(撮影・風斗雅博)

 将棋の第7期加古川青流戦(兵庫県加古川市など主催、神戸新聞社共催)が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で開幕し、最年少プロ棋士の藤井聡太四段(14)が竹内雄悟四段(29)を下し、自身が持つデビュー以来の連勝記録を「18」に伸ばした。公式戦の18連勝は歴代7位タイとなる。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。同12月にプロ初対局で加藤一二三・九段を破って以来、公式戦では負け知らずで、4月4日にはデビュー11連勝のプロ新記録を樹立。その後も記録を更新し続けてきた。

 この日は加古川市の岡田康裕市長が振り駒をし、藤井四段は後手番に。大勢の報道陣が見守る中、いつもと変わらず静かに指し進め、さらに記録を伸ばした。

 プロの最多連勝記録は28。次回の対局は25日、竜王戦6組ランキング戦決勝で近藤誠也五段(20)と対戦する。(溝田幸弘)

文化の最新
もっと見る

天気(7月27日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 23℃
  • 30%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

  • 32℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ