文化

  • 印刷
入田稲荷前遺跡から出土した貨泉。孔を挟んで「貨」「泉」の文字が確認できる=南あわじ市役所
拡大
入田稲荷前遺跡から出土した貨泉。孔を挟んで「貨」「泉」の文字が確認できる=南あわじ市役所
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 紀元14~40年にかけて中国古代国家の「新」「後漢」で鋳造されたとされる貨幣「貨泉」3枚が、兵庫県南あわじ市八木入田の入田稲荷前遺跡で見つかった。同市教育委員会が18日発表した。弥生時代に日本へ流入したとみられ、一度に出土した数量としては全国で3番目の規模となる。

 貨泉は九州や近畿、瀬戸内海沿岸などの遺跡で計約180枚が見つかり、兵庫県内でも7遺跡10枚に上るが、複数がまとまって出土するのは珍しい。市教委は「海上交通の要衝だった淡路島が弥生時代の流通で果たした役割を考える上で重要な史料」としている。

 ほ場整備に伴う調査で、昨年12月に3枚が重なった状態で出土した。直径約2・3センチ、厚さ約1~1・3ミリ、重量約1・5~2・5グラム。中央に一辺7~8ミリの四角い孔(穴)が開いており、片側の面に「貨」と「泉」の文字がある。新代の規格と異なるため、後漢の初期に鋳造されたとみられる。

 入田稲荷前遺跡の3枚出土は、岡山県の高塚遺跡の25枚、福岡県の元岡・桑原遺跡群の8枚に次ぐ規模。一般的に貨泉は沿岸での発見例が多いが、入田稲荷前遺跡は島南部の内陸に広がる三原平野の河岸段丘にある。讃岐・阿波地方から搬入された土器も出土したほか、周辺に弥生時代の拠点集落跡もあり、吉備地方や四国を経由した交易などで流入したと推測される。

 南あわじ市では15年4月に祭祀道具「松帆銅鐸」7点が見つかるなど、弥生時代の青銅器が集中出土。弥生時代最大級の鉄器工房である五斗長垣内遺跡や、中国鏡片が発見された舟木遺跡(いずれも淡路市)とは同時代に当たる。南あわじ市教委は「渡来人との交易もうかがわせ、畿内への玄関口となる淡路島の重要性を示す遺物」と評価する。

 出土品は20日~7月2日に滝川記念美術館「玉青館」(南あわじ市松帆西路)で有料公開される。(佐藤健介)

 森岡秀人・関西大大学院非常勤講師(考古学)の話 弥生時代は物品貨幣の社会で、実用の貨幣だったとは考えがたく、交易拠点にもたらされた小型青銅器の一つではないか。近畿の中央部と変わらない段階で中国の銭貨が伝わっていたことを示す例で、大陸系文物への求心力が淡路島南部にあったのだろう。出土地近辺には有力な弥生遺跡もあり、因果関係を十分に考えてよい。銅鐸を使わなくなった淡路島の弥生社会が次の活性期に入る時期。邪馬台国発展など大きな国造りの過程で中枢を担う有力者が存在した可能性がある。

 【貨泉】古代中国で前漢と後漢の間に新(8~23年)を建国、統治した王莽が流通させた貨幣。鋳造期間が新以後の後漢時代の40年まで約20年間と短く、年代決定の重要な指標となっている。最初は直径2・35センチ、重量3・19グラムと規格が決まっていたが、後漢では民間も生産したため規格が異なる。貨幣ではなく、交易品、権勢を示す「威信財」、国産青銅器の材料など使途は諸説ある。

文化の最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ