文化

  • 印刷
動画一覧へ
将棋ソフト「PONANZA」に敗れ、盤上を見つめる佐藤天彦名人=20日夜、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)
拡大
将棋ソフト「PONANZA」に敗れ、盤上を見つめる佐藤天彦名人=20日夜、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)
将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」との対局に敗れ、感想を語る佐藤天彦名人(右)=20日夜、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)
拡大
将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」との対局に敗れ、感想を語る佐藤天彦名人(右)=20日夜、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)
将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」に苦戦し、首をひねる佐藤天彦名人=20日夕、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)
拡大
将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」に苦戦し、首をひねる佐藤天彦名人=20日夕、姫路市本町の姫路城(撮影・吉田敦史)

 将棋プロ棋士の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA」が戦う第2期電王戦2番勝負の第2局が20日、姫路市の世界文化遺産・国宝姫路城であり、先手番の佐藤名人が94手で敗れた。佐藤名人は将棋界でもっとも伝統のある名人位の保持者として臨んだが、ソフトに2連敗し、電王戦を終えた。

 ソフトの指し手をロボットアームが盤上に再現。序盤は佐藤名人が棒銀から仕掛けてペースをつかんだように見えたが、ソフトは効果的な攻めを重ねて相手の駒を働かなくさせ、名人を投了に追い込んだ。

 終了後、佐藤名人は「準備をして臨んだが、勝つのは相当厳しいと思っていた。ファンの期待に応えられなかったのは残念」と振り返った。PONANZA開発者の一人、山本一成さんは「ソフトが名人に勝つという、ひと昔前では考えられないことを達成できてうれしい」と話した。

 プロ棋士とソフトが対戦する電王戦は2012年に始まり、今年が最後。通算成績はソフトが14勝5敗1引き分けと、人間に大きく勝ち越した。

 佐藤名人は「この6年間、コンピューター将棋が人間のトップに迫り、追い越す過程とドラマを、皆さんに見ていただけたということはすばらしく意義があった」と話した。(溝田幸弘)

文化の最新
もっと見る

天気(11月25日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 50%

  • 12℃
  • 6℃
  • 10%

  • 12℃
  • 4℃
  • 10%

お知らせ