文化

  • 印刷
谷川浩司九段
拡大
谷川浩司九段
稲葉聡さん
拡大
稲葉聡さん

 将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で澤田真吾六段(25)を破り、公式戦連勝記録で歴代最多の神谷広志八段(56)に並ぶ28連勝を30年ぶりに達成した。

 兵庫県ゆかりの棋士らも、藤井聡太四段の快挙をたたえた。

 約40年前、中学2年生のプロ棋士として世間を騒がせ、後に史上最年少の21歳で名人となった谷川浩司九段(55)=神戸市東灘区。「棋譜を見ても、大きなミスがほとんどない。デビューしたては荒削りなところがあり、勝ち負けを繰り返して短所を克服していくのだが…」と、藤井四段の完成度の高さに舌を巻く。

 谷川九段のプロ入りは14歳8カ月、藤井四段は14歳2カ月。共に幼い頃から負けず嫌いだった。谷川九段は負けると駒をかみ、藤井四段も泣いて悔しがった。「負けず嫌いは強くなる人に共通する要素。反発心を持って立ち向かわないと、この厳しい世界で続けてはいけない」と谷川九段。

 藤井四段の28連勝達成までの歩みに「普通の棋士ではなかなか経験できない貴重な半年間を大きな財産として、将来に生かしてほしい」とエールを送り、「10代でタイトルを取れそうな棋士が久しぶりに登場した。子どもたちが将棋に興味を持ってくれることで、何年か後に彼に挑む人が出てくるだろう」と棋界の未来に期待を寄せる。

 また、加古川市で育ち、プロ公式棋戦の第5期加古川青流戦でアマチュアとして初めて優勝した稲葉聡さん(31)=名古屋市=は、藤井四段の成長を身近で見守ってきた一人だ。

 6年前、「将棋の強い子がいる」とのうわさを聞き、三重県内で開いていた勉強会に藤井四段を誘った。藤井四段が奨励会入りする半年前からは、他の奨励会員と共に研究会で月数回、盤を挟んだ。「藤井君は伸び悩む時期がなかった。奨励会で有段になれば誰でも壁に当たると思っていたが、順調に日々強くなっていった」と稲葉さん。

 2年前、稲葉さんが加古川青流戦で勝ち進む一方、藤井四段には次第に勝てなくなっていったといい、「プロでも十分通用する」と考えていた。「これから、どんな素晴らしい将棋を指すのか。楽しみで仕方ない」(溝田幸弘)

文化の最新
もっと見る

天気(6月18日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ