文化

  • 印刷
立会人の石田和雄九段(後列右端)が開封した封じ手を指す菅井竜也七段。右は羽生善治王位
拡大
立会人の石田和雄九段(後列右端)が開封した封じ手を指す菅井竜也七段。右は羽生善治王位

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第1局は6日午前9時、三重県菰野町の「湯の山温泉グリーンホテル」で再開し、指し継がれた。

 前日の手順が再現された後、立会人の石田和雄九段が菅井の封じ手5六同歩(40手目)を読み上げ、2日目の対局が始まった。

 菅井の5六同歩は本命視されていた一手。その後の5五歩(44手目)で流れが一転緩やかになった。菅井は8三銀(46手目)で銀冠に。羽生は3九角(47手目)で角を自陣に引き揚げ、9九玉(53手目)で穴熊に潜って陣形を立て直した。

 副立会人の杉本昌隆七段は「一歩得の羽生王位がまずまずの進行になっている。菅井七段がどこにその代償を求めるかが注目される。中央をめぐる戦いになりそうだ」と話した。

 同日夜までには勝敗が決まる見通し。神戸新聞NEXTで対局の様子を中継している。

文化の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ