文化

  • 印刷
王位戦第1局で、羽生善治王位に先勝した菅井竜也七段=6日午後、湯の山温泉グリーンホテル
拡大
王位戦第1局で、羽生善治王位に先勝した菅井竜也七段=6日午後、湯の山温泉グリーンホテル

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負の第1局が6日、三重県菰野町の「湯の山温泉グリーンホテル」で指し継がれ、午後6時10分、144手までで後手番の菅井が勝ち、初のタイトル獲得に向けて好スタートを切った。

 持ち時間各8時間のうち、残りは菅井1時間15分、羽生1分。第2局は25、26日に福岡市のホテル日航福岡で行う。

 本局は角交換型振り飛車の戦型で、スローペースな展開となった。羽生は2日目の対局再開早々に9九玉(53手目)と穴熊にもぐり、一歩得のリードを保って昼食休憩に入った。菅井も9一玉(74手目)で銀冠から穴熊に組み替え、互いに堅守で長期戦の様相を呈した。

 羽生の6五歩(91手目)に菅井が8五歩(92手目)から銀交換に持ち込み、ペースを握った。羽生が持ち時間を使い切る一方、菅井は1時間以上残して勝った。

 立会人の石田和雄九段は「挑戦者が若い力で押し切った感がある。菅井七段は独特の指し回しを見せ、全体的に持ち味が出ていた」と話した。

文化の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ