文化

時計2017/7/25 12:22神戸新聞NEXT

  • 印刷
王位戦第2局で初手を指す菅井竜也七段(左)=25日午前、福岡市博多区のホテル日航福岡
拡大
王位戦第2局で初手を指す菅井竜也七段(左)=25日午前、福岡市博多区のホテル日航福岡

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑む第58期王位戦7番勝負の第2局は25日午前9時、福岡市博多区のホテル日航福岡で始まった。

 第1局を制した菅井が初挑戦でのタイトル初獲得に向けて連勝で弾みをつけるか、羽生が1勝1敗のタイに戻すか。定刻になり、立会人の青野照市九段の合図で、先手の菅井が初手を5六歩と指した。

 羽生が3四歩(2手目)と角道を開けると、菅井は手の流れから予想された中飛車ではなく、7八飛(3手目)と三間飛車に振る趣向を見せた。この後、羽生が3二玉(6手目)、菅井が3八玉(9手目)と互いに玉を寄せたところで、羽生の手が止まった。副立会人の豊川孝弘七段は「珍しい出だしで、羽生王位も慎重に考えながら指しているのでしょう」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の26日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。

 中継は こちら

文化の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ