文化

  • 印刷
立会人の青野照市九段(左端)から封じ手を示される羽生善治王位(右端)=26日午前、福岡市博多区のホテル日航福岡
拡大
立会人の青野照市九段(左端)から封じ手を示される羽生善治王位(右端)=26日午前、福岡市博多区のホテル日航福岡

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第2局は26日午前9時、福岡市博多区のホテル日航福岡で再開し、指し継がれた。

 両対局者が前日の手順を再現した後、立会人の青野照市九段が菅井の封じ手「4七金」(51手目)を示し、2日目の対局が始まった。

 封じ手は、本格的な戦いを前に陣形を整えた手。羽生が9五歩(52手目)と手待ちをしたのに対し、菅井は6六の角をいったん4八角(53手目)と引いて、羽生が5四歩(54手目)と指す手を誘って6六角(55手目)と戻した。この後も、互いに飛車を最下段に引くなど細かな駆け引きが続いた。青野九段は「菅井七段が主導権を握っている。羽生王位は相手の動きに応じて反撃を狙っている」と話した。

 同日夜までに決着の見通し。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継している。

文化の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ