文化

時計2017/7/27 05:00神戸新聞NEXT

  • 印刷
王位戦第2局に勝利し、対局を振り返る菅井竜也七段=26日午後、福岡市博多区のホテル日航福岡
拡大
王位戦第2局に勝利し、対局を振り返る菅井竜也七段=26日午後、福岡市博多区のホテル日航福岡

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負の第2局は26日午前9時から、福岡市博多区のホテル日航福岡で指し継がれ、午後3時32分、先手番の菅井が103手で勝ち、初挑戦でのタイトル奪取に向け2連勝とした。

 第1局と同様、菅井が得意とする角交換振り飛車の戦型となった本局。2日目は菅井の封じ手、4七金(51手目)で再開後、細かな駆け引きが続いた。

 後手側が動きづらい局面で羽生が5三角(60手目)と引いた手をきっかけに菅井が攻勢をかけ、一気に優位を拡大して中盤から終盤へ。羽生も香取りに1六歩(80手目)とたたくなど勝負手を探ったが、菅井は3三角成(91手目)から2五桂(93手目)などと厳しい寄せで後手玉に迫り、羽生を投了に追い込んだ。

 立会人の青野照市九段は「菅井七段が序盤で作戦勝ちし、若者らしからぬ老練な指し回しで優位を築き、快勝した」と話した。

 持ち時間各8時間のうち残りは菅井3時間16分、羽生13分。第3局は8月8、9日に札幌市の京王プラザホテル札幌で行われる。

文化の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ