文化

  • 印刷

 公益財団法人神戸文化支援基金(神戸市)は、地域で優れた文化・芸術活動を続ける団体や個人を顕彰・助成する「第6回KOBE ART AWARD(神戸アート・アワード)」の受賞者を発表した。

 大賞(助成金50万円)には、「音」を扱った現代アートで知られる美術家藤本由紀夫さん(67)=大阪市=が選ばれた。藤本さんは神戸市内にもアトリエを設け、オルゴールやスピーカーなどを用いたサウンドオブジェを長年制作。国際美術展ベネチア・ビエンナーレにも参加し、国内外で評価されている。

 優秀賞(同30万円)は、神戸市垂水区在住の詩人季村敏夫さん(68)。自作詩を詩集「木端微塵」や「ノミトビヒヨシマルの独言」に編んできたほか、神戸のモダニズム詩史などについて執筆・研究している。

 地域貢献賞(同各10万円)は、神戸の歴史に関する調査研究に励む「NPO法人神戸外国人居留地研究会」(神戸市)と、地元に根ざした企業メセナ活動を続ける神戸凮月堂(神戸市)に決まった。

 6日午後1時から、事務局のあるギャラリー島田(神戸市)で贈呈式がある。事務局TEL078・262・8058

(堀井正純)

文化の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ