文化

  • 印刷
羽生善治王位(右)の先手で始まった王位戦第3局=8日午前、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌
拡大
羽生善治王位(右)の先手で始まった王位戦第3局=8日午前、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第3局が8日午前9時、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で始まった。

 第1局から菅井が2連勝し、本局で初タイトルに王手をかけるのか、羽生が巻き返すのか、注目の一局。立会人の屋敷伸之九段の合図で、先手の羽生が初手を7六歩と指した。

 本局も1、2局と同様、角交換振り飛車の形となり、序盤はテンポの良い展開。お互いに玉を囲うなど駒組みが進んだ。副立会人の広瀬章人八段は「菅井七段が最近、得意としている新しい振り飛車の形。第1局と似ているが、お互いに工夫を重ねて同じ形にはならないはず。初日は穏やかに終える可能性が高い」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の9日は午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。

文化の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 16℃
  • 13℃
  • 80%

  • 15℃
  • 13℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ