文化

  • 印刷
来秋の完成に向け、建設が進む尼崎城の基礎部分=尼崎市北城内
拡大
来秋の完成に向け、建設が進む尼崎城の基礎部分=尼崎市北城内
尼崎市立文化財収蔵庫にある尼崎城の模型。天守部分(手前)が“再建”される=尼崎市南城内
拡大
尼崎市立文化財収蔵庫にある尼崎城の模型。天守部分(手前)が“再建”される=尼崎市南城内
現存する中で唯一、尼崎城の一部と確認されている鬼瓦(手前)=尼崎市南城内
拡大
現存する中で唯一、尼崎城の一部と確認されている鬼瓦(手前)=尼崎市南城内
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 江戸のはじめに築造され、その後取り壊された「尼崎城」の来秋“再建”に向け、工事が急ピッチで進んでいる。「新しもん好き」な尼崎人気質の裏返しか、遺構はほぼ残されず、市民の間でもあまり知られない存在となっていた。しかし2年前、ある人物による寄付の申し出で状況は一変。市民向けの講座が各地で開かれるなど、新たな名所の誕生に市民の期待も一気に高まっている。(岡西篤志)

 新城は、本丸跡地から約300メートル西側の阪神尼崎駅南東で建設中。天守は、エレベーター付きの鉄筋コンクリート5階建てで、現実の風景に架空の景色を合わせるAR(拡張現実)の体験コーナーや展望室なども設置され、来年秋頃に完成予定。市が周辺で整備する城址(じょうし)公園を含め、2018年度末までのグランドオープンを目指す。

 元あった尼崎城の築城は、今からちょうど400年前の1617(元和3)年にさかのぼる。江戸幕府は近江国膳所(ぜぜ)藩主を務めていた譜代大名・戸田氏鉄(うじかね)に尼崎藩への領地替えを命じた。氏鉄の使命は、大坂の西側を守る尼崎城を造ること。翌年着工し、甲子園球場3・5個分の広さに4層4階の大天守を擁した城を完成させた。尼崎市立文化財収蔵庫の学芸員室谷公一さんによると「当時の藩領5万石にしては相当立派な城。それだけ重要な役割を担っていた」そうだ。

 しかし時代が移り、かつての名城も「維持管理が大変だったよう」で、お荷物扱いに。1873(明治6)年の廃城令に伴って取り壊された。城のない城下町となった尼崎。「主な産業を持たない尼崎の人たちは新しい生き方を工業に求めた。変わり身が早い気質は、時代に対応する能力の高さ」と室谷さん。工業都市へと変わる中、堀はすべて埋められた。石垣も護岸工事などに使われた可能性が高い。現在、尼崎城の一部だったと確実に言えるのは、文化財収蔵庫が保存する九曜紋入りの鬼瓦のみ。

 忘れられていった尼崎城。一部の市民や城ファンの間で再建を望む声はあったものの、費用面などから実現に至らなかった。

 しかし2015年、突然の申し出が状況を一気に動かす。家電量販店の旧ミドリ電化(現エディオン)創業者、安保詮(あきら)さん(84)が「多くの人に愛される城を造り、創業の地、尼崎に恩返ししたい」と市に打診。完成後は市が管理することで協定を結んだ。今年6月からは、市が「一口瓦寄付」「一口城主寄付」を市民から募っている。

 市城内まちづくり推進課の星川昌則課長は「周辺は尼崎の歴史文化が集積している。楽しんで、体験して、何度も来てもらえる場所にしたい」と話している。

■城ブーム、全国拡大

 来秋、完成が予定される尼崎城。これまで目玉となる観光資源がなかった尼崎市は、これを機に観光客を呼び込もうと画策中だ。今は空前の「お城ブーム」。全国での城入場者数はこの十数年で6割も増えている。この流れに乗れるか。新城に期待がかかる。

 49城が加盟する全国城郭管理者協議会によると、加盟城の総入場者数は年々増加傾向。2016年度は約2100万人で、02年度(48城)を約800万人上回ったという。

 日本城郭協会(東京都)の加藤良明事務局長(73)によると、ブームは06年2月から。同協会が「日本100名城」を選定したのがきっかけだった。翌年には100城を対象にしたスタンプ帳付きガイドブックを販売。定年退職した団塊の世代を中心に、城巡りする人が増えたという。

 また、NHK大河ドラマが若年層にも受け入れられたり、城や武将をテーマにしたゲームが増えたりしたのに加え、観光業者による城巡りツアーの増加などが相乗効果を発揮。「城ガール」も登場し「おじさんの世界から、若年層、女性層にも広がった」という。

 中でも「最大の起爆剤」が、国宝姫路城が平成の大修理を終えた15年。ガイドブックは1年間で、それまで7~8年の合計とほぼ同じ数が売れたという。

 今後期待されるのが外国人観光客の増加。日本人もあまり知らない所を訪れる人が増えているといい、加藤さんは「地方の城に外国人が訪れることで、第2、第3のブームの流れができると楽しみにしている」と話している。

文化の最新
もっと見る

天気(8月24日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ