文化

  • 印刷

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第5局が29、30両日、徳島市の渭水苑で指される。

 第4局は前例のない力戦型となり、中盤でリードを奪った菅井が快勝した。3勝を挙げた菅井が念願の初タイトルを手にするか、1勝の羽生が巻き返して防衛に望みをつなぐか、重要な一戦だ。第1~3局は角交換振り飛車の戦型で、両者の作戦も注目される。

 立会人は福崎文吾九段と武市三郎七段。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に対局を開始。午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の30日は午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継する。

文化の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ