文化

  • 印刷

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦している第58期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第5局が29日午前9時から徳島市の渭水苑で指され、午後6時、後手番の菅井が52手目を封じて1日目を終えた。

 菅井は3三角(6手目)で角交換を誘い、意表の手順で三間飛車に構えた。「この形での3二飛(10手目)は見たことがない」と副立会人の武市三郎七段。

 羽生は居飛車の布陣で玉を左方に移動した。菅井が2五桂(38手目)と跳ねてさばきを狙ったのに対し、羽生は7六角(39手目)の筋違い角で対抗する。その後、菅井は銀を出て7五の歩を狙い、羽生は矢倉囲いで上部を厚く構えた。

 正立会人の福崎文吾九段は「小競り合いの後、第2次駒組み合戦に入っている。今後、1八の角が働くかどうかが最大の関心事」と話した。

 持ち時間各8時間のうち、1日目の消費時間は羽生4時間21分、菅井3時間5分。2日目の30日は午前9時に再開し、同日夜までに決着する見込み。対局の模様は神戸新聞NEXTで中継している。

文化の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 18℃
  • ---℃
  • 50%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 30%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ