文化

  • 印刷
新調された宝塚大劇場の緞帳=15日午前、宝塚市栄町1(撮影・三津山朋彦)
拡大
新調された宝塚大劇場の緞帳=15日午前、宝塚市栄町1(撮影・三津山朋彦)

 宝塚大劇場(兵庫県宝塚市栄町1)に三つある緞帳のうちの一つが新調され、15日午前、タカラジェンヌらが出席してお披露目の式典が行われた。緞帳の更新は2009年10月以来。

 緞帳は縦9メートル、横24メートルで重さは約1トン。西陣本綴錦織という織り方で、題名は「Serenade(セレナーデ)」。観客が心静かに観覧できるようにと、白を基調に幾何学模様の柄を並べ、「夕べのひととき」を抽象的に表現した。白の世界に静かで落ち着いた美しさと透明感のある光をイメージしたという。高砂熱学工業(東京都新宿区)が寄贈した。

 式典には、宝塚歌劇団星組組長の万里柚美さん、トップスター紅ゆずるさん、トップ娘役の綺咲愛里さんが出席。万里さんは「さまざまな公演でこの緞帳を色とりどりに染めていきたい」と話した。(中川 恵)

文化の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ