文化

  • 印刷
動画一覧へ
ゴッホの作品など有名絵画のリマスターアートを間近に見られる展示会場=4日午後、神戸市中央区、大丸ミュージアム〈神戸〉(撮影・大森 武)
拡大
ゴッホの作品など有名絵画のリマスターアートを間近に見られる展示会場=4日午後、神戸市中央区、大丸ミュージアム〈神戸〉(撮影・大森 武)
作品を自由に撮影できる展示会場=4日午後、神戸市中央区、大丸ミュージアム〈神戸〉
拡大
作品を自由に撮影できる展示会場=4日午後、神戸市中央区、大丸ミュージアム〈神戸〉

 最先端のデジタル技術で精密に記録・再現した名画のレプリカが並ぶ「オルセー美術館 至宝のリマスターアート展」(神戸新聞社など主催)が4日、神戸市中央区の大丸ミュージアム〈神戸〉で始まった。観客は、実物大の“名画”の色や質感、雰囲気を体感。ルーペやペンライトで細かく筆跡を確かめたり、記念撮影したりして「アートの秋」を楽しんでいた。

 同展は「印象派の殿堂」として名高いパリ・オルセー美術館が所蔵する19~20世紀のフランス絵画を、高精彩技術で忠実に再現した「リマスターアート」60点を展示。ルノワールの大作「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」やマネの「オランピア」、ゴッホの「自画像」といった美術史に残る世界的名画の筆致を、間近で観察・比較できる。

 光の表現を追求した、モネら印象派誕生の背景などもパネルで解説。バルビゾン派からポスト印象派へ至る近代美術の流れも大まかにたどれる。作品を撮影していた主婦(63)=神戸市垂水区=は「名画はすごい。絵に光を当てると、モネが風まで描いているのが分かり驚いた。気軽に撮影できるのはうれしい」と笑顔だった。

 17日まで。会期中無休。一般・大学生千円ほか。ルーペ・ペンライトの貸し出しは別料金。同ミュージアムTEL078・331・8121(代表)

(堀井正純)

文化の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 40%

  • 20℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ