文化

  • 印刷

 囲碁の井山裕太天元(28)=棋聖、本因坊、王座、碁聖、十段=に一力遼七段(20)が挑戦する第43期天元戦5番勝負(神戸新聞社主催)の第1局が、11日午前9時から愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で行われる。

 前期と同じ顔合わせで、国際棋戦で活躍する若き実力者同士が雌雄を決する。

 井山天元は昨年4月、囲碁界初の七冠同時制覇を達成した。その後名人位を失ったが、現在まで好調をキープ。七冠への返り咲きを狙い、高尾紳路名人と熱戦を繰り広げている。

 一方の一力七段は、昨年の天元戦で初タイトルを懸けて井山天元に挑戦。1勝3敗で敗れたものの、互いの強気がぶつかる名勝負を繰り広げた。同時期に行われる王座戦でも挑戦者に名乗りを上げており、ポスト井山の呼び声が高い。

 立会人は彦坂直人九段。持ち時間は各3時間で、同日夕方には勝敗が決まる見通し。

文化の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ