阪神

  • 印刷
動画一覧へ
関学大グリークラブと「上を向いて歩こう」を歌う(右から)大江千里さんと八神純子さん=西宮市高松町
拡大
関学大グリークラブと「上を向いて歩こう」を歌う(右から)大江千里さんと八神純子さん=西宮市高松町

 阪神・淡路大震災と熊本地震の被災地を支援するチャリティーコンサートが18日夜、兵庫県西宮市高松町の県立芸術文化センターであった。ジャズピアニストの大江千里さんやシンガー・ソングライターの八神純子さんも出演し、客席の約350人は美しい調べに酔いしれた。

 ビルボードジャパンが主催。2人は東日本大震災後、音楽を通した被災地支援を続けている。

 今回のコンサートは阪神・淡路大震災22年に合わせ、「Bright Lights Winter concert(ブライト・ライト・ウインターコンサート)」と銘打って開催した。

 卒業生に阪神・淡路の犠牲者がいる関西学院大グリークラブも出演。大江さんのピアノ伴奏に合わせた校歌のほか、ビートルズメドレー8曲などを力強く歌い上げた。

 ステージに立った八神さんは東北での支援コンサートに触れ、「自分の曲が何の力になるのか」と葛藤した経験を紹介。被災者から「CDも何もかも津波に流された。歌ってくれ」という言葉に背を押され、公演を続けているという。この日は、1978年にリリースされ大ヒットした「みずいろの雨」などを熱唱し、会場を沸かせた。

 大江さんは、作詞作曲した熊本地震の復興祈念ソングを披露した後、「上を向いて歩こう」を観客と一緒に合唱するなどし、被災地にエールを送った。

 会場の男性(80)=神戸市東灘区=は「大江さんがエンターテイナーで、とても楽しませてもらった。被災地も元気をもらえると思う」と話していた。

 公演後、大江さんら出演者が募金箱を持って呼び掛けた。寄付金は熊本の被災地支援に役立てるという。(竜門和諒)

阪神の最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

  • 19℃
  • 16℃
  • 90%

  • 17℃
  • 16℃
  • 90%

  • 19℃
  • 17℃
  • 90%

お知らせ