阪神

  • 印刷
尼崎えびす神社で、巫女の衣装に身を包む外国人女性たち=尼崎市神田中通3
尼崎えびす神社で、巫女の衣装に身を包む外国人女性たち=尼崎市神田中通3

 訪日外国人観光客(インバウンド)の宿泊数が、兵庫県尼崎市でも増加していることを受け、市内の各施設がインバウンド向けの独自サービスを始めている。神社が巫女(みこ)衣装の試着体験をしたり、ホテルがイスラム教徒向けの食事を提供したり。京都や大阪といった有名都市に目が向きがちな外国人に、地元尼崎の魅力をアピールする。

 「神道を知れば、日本を理解できる」。尼崎えびす神社(神田中通3)の社務所の部屋に、白と朱色の巫女姿に身を包んだ、8人の外国人女性が座る。その前で、太田垣亘世(のぶよ)宮司(46)が神社や日本文化について語った。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月30日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ