阪神

  • 印刷
老犬の介護について学ぶ講座=尼崎市塚口本町1
拡大
老犬の介護について学ぶ講座=尼崎市塚口本町1

 兵庫県尼崎市内の五つの商店街で専門店の店主を講師役にし、市民がプロの知識や技術を教わる講座「みんなの尼崎大学 商学部オープンセミナー」が2日、始まった。初日は老齢ペットの介護やアクセサリー作りを学ぶ2講座を開講。最終日の7日まで残り19講座あり、“アマ(尼)のプロ”から市民が学ぶ。(初鹿野俊)

 市が進めるまちづくりの取り組み「みんなの尼崎大学」と連携し、尼崎中央五丁目▽杭瀬栄町EAST▽立花▽立花ジョイタウン▽塚口-の五つの商店街が合同で初企画。専門店によるたこ焼きやいちご大福の作り方、人生を終える準備「終活」に必要なエンディングノートの書き方、着物の着付けなど、さまざまなテーマの計21講座を用意した。

 塚口商店街にあるペット用品販売とカフェを手掛ける「ペットのコンビニ ぷちぷち」では、老齢犬の介護をテーマに開講し愛犬家5人が参加。湯川美子代表(50)が愛犬ポッキー(15歳、雌)の体験を交えて「高齢犬が餌を食べないのは、首を下げるのがつらいのかもしれない。餌を置く高さの調整を」「目や耳の力が落ちた犬は、急に体に触れると驚くから注意を」などとアドバイスしていた。

 受講した主婦(50)=尼崎市=は「犬が年を取る前から、早めに準備をするのが大事だと勉強になった」と満足した様子だった。

 一部の講座は定員に達した。申し込みは各店舗。

阪神の最新
もっと見る

天気(4月28日)

  • 19℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 5℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

お知らせ