阪神

  • 印刷
和紙で作られた人形が、昔の生活を再現=西宮市立北口ギャラリー
和紙で作られた人形が、昔の生活を再現=西宮市立北口ギャラリー

 江戸の町娘に京都四条の夕涼みの1コマ。和紙で作った人形展「愛・和紙人形の世界」が兵庫県西宮市北口町の市立北口ギャラリーで開かれている。髪の毛や指先まで精密に再現された約350体が並ぶ。12日まで。

 30年以上前から和紙人形づくりを続ける「遊の会」(宝塚市)が主催。作品は、浮世絵の本などを参考に制作する。最初に白の和紙で顔と胴を作り、柄の入った和紙を重ねて着物を表現。高さ約30センチの1体を作るのに、2~4カ月ほどかかるという。

阪神の最新
もっと見る

天気(6月29日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ