阪神

  • 印刷

 兵庫県の伊丹、宝塚市長選が9日、告示される。伊丹市長選は4選を目指す無所属の現職藤原保幸氏(62)=自民、民進、公明推薦=のみが立候補を表明しており、無投票の公算が大きい。宝塚市長選は3選を目指す現職中川智子氏(69)、市議伊藤順一氏(54)、市議山本敬子氏(66)=自民推薦=の3人が立候補を表明している。いずれも無所属。選挙戦になれば、16日に投開票される。

 7日夜、宝塚市長選の公開討論会が市内であり、立候補予定者3人が政治理念や政策を訴えた。

 「投票率の低下に危機感があり、選挙に関心を持つ機会を増やしたかった」。主催した宝塚市自治会ネットワーク会議の竹谷泰二議長(80)が言う。

 前回市長選の投票率は45・94%。約18万人の有権者のうち約10万人が棄権した。

 この日の討論会には市民ら約330人が訪れ、会場の宝塚ソリオホールは満席だった。竹谷さんは「選挙は市政を身近に感じられる場でもある。一人一人が政治に関心を持ち、投票行動に移してほしい」と力を込める。

 8日現在の選挙人名簿登録者数は宝塚市が19万3230人(前回当日有権者数18万3974人)、伊丹市が16万5520人(同15万6434人)。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた影響などで、それぞれ増加している。(土井秀人、岡西篤志)

阪神の最新
もっと見る

天気(8月19日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 31℃
  • 23℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ