阪神

  • 印刷
大規模修繕が完了した大ホールで佐渡裕さんの指揮で演奏する楽団=兵庫県立芸術文化センター
拡大
大規模修繕が完了した大ホールで佐渡裕さんの指揮で演奏する楽団=兵庫県立芸術文化センター

 兵庫県立芸術文化センター(西宮市高松町)で、今年1月から続いていた大規模修繕工事が完了し、8日、世界的指揮者の佐渡裕さんらによるお披露目コンサートが開かれた。約20億円かけて照明や音響機器などの機材を一新。約2千人の観客が大ホールに響く重厚な音色に聞き入った。

 同センターは2005年の開館以来、三つのホールの稼働率が平均95%超と屈指の稼働率を誇る。一方で、舞台装置や音響機器などの傷みが深刻化。約3カ月間、ホール利用を休止にして修繕工事をしていた。

 最新機器の導入で、明るさの調整などがより細やかにできるようになり、多彩な演出が可能に。ノイズの原因にもなっていた大ホールの天井灯415個も発光ダイオード(LED)に変更した。

 センターの芸術監督でもある佐渡さんは舞台に立ち、「12年目にこんな大改修ができるのは画期的なこと。音の聞こえ方も変わってくるはず」と絶賛。タクトを握ると早速、クラシック曲など6曲を披露し、観客を魅了した。(前川茂之)

阪神の最新
もっと見る

天気(5月1日)

  • 24℃
  • 16℃
  • 30%

  • 21℃
  • 12℃
  • 50%

  • 25℃
  • 15℃
  • 30%

  • 26℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ